銀行カードローン

銀行のカードローンとは

今、注目の借り入れ先といえばやはり銀行のカードローンでしょう。貸金業法の改正後、消費者金融での借り入れは年収の3分の1までしか借り入れできなくなりました。借り入れ額の合計が3分の1までですから、借り入れしにくくなったと考える方も多いでしょう。

 

また、貸金業法では本人に収入があることが条件ですから、専業主婦の方などは借り入れできなくなってしまったというケースが増えています。そういった場合には、総量規制の対象でない銀行のカードローンを利用した借り入れを検討してみましょう。

 

銀行のカードローンといっても、メガバンクといわれる大手銀行や地方銀行など銀行の種類によって少しずつローン商品に違いがあります。また、最近ではネット銀行のカードローンも人気が高まっています。

 

これまでの銀行のローンのイメージを覆すように、審査時間が早くなっているのも銀行のカードローンの特長です。現在自分が利用している銀行口座にカードローン機能をつけることで、公共料金などの引き落としの時に残高不足があった場合に自動融資ができるようになっているカードローンもあります。もちろん、現在その銀行の預金口座を持っていなくても申し込みできるカードローンもたくさんあります。

 

金利の低さ、借り入れ限度額の設定の大きさなど、銀行ならではといえるメリットもあります。もしものときのため、緊急にお金が必要になったときのために一枚持っているだけで安心感が違うのが銀行のカードローンといえるでしょう。

 

銀行系カードローンとは?

銀行系のカードローンは、登場以来ますます利用者が増える一方です。金利の低さや銀行であるという安心感で、万が一のときのために作っているという人も多いでしょう。消費者金融は、貸金業法の改正以降経営状態が上手くいかなくなってしまったようなところもたくさんでてきています。申し込んだその日のうちに借り入れができるなど本当は大変便利なのですが、消費者金融という言葉の響きから借り入れを敬遠してしまうという人がまだまだ減らないのも現状です。

 

銀行も、それほど経営状態が絶好調というところばかりでもありません。そこで、両方の利害が一致したのが銀行系のカードローンということです。銀行の名前を使用したカードローンの保証会社が、大手消費者金融ということもよくあります。個人への貸し付けが得意ではない銀行が、個人への貸し付けを中心に行ってきた消費者金融のノウハウをもとに貸付を行っているということもできるでしょう。

 

大きな違いは、消費者金融は貸金業法に従って、総量規制の範囲内でしか貸し付けができないのに対し、銀行は総量規制の対象外となるということです。年収の3分の1以上の借り入れが可能になっていたり、本人に収入がなくても借り入れできたりといったことが銀行のカードローンの特長です。利用者側としては、自分の借り入れ状態、ステイタスなどを吟味の上でどちらを利用するのがベストなのかという選択肢が増えたと考えることができます。つまり、よりお得な方法で借り入れ先を決定することができるようになっています。

 

 

銀行のカードローンのメリット

銀行のカードローンのメリットは、限度額の大きさや金利の低さだけではありません。現在自分が口座を持っている銀行であれば、自動融資機能などを便利に使えるカードローンもたくさんあります。

 

自動融資機能とは、公共料金などの引き落としの際についうっかり入金するのを忘れてしまった、というときに自動的に融資が行われ残高不足にならないようにするものです。

 

現在自分が利用しているメインの銀行のカードローンについても、調べてみましょう。特に借り入れをするというわけでなくても、安心のためにカードローン機能をつけておくという使い方をしている人もとてもたくさんいます。

 

銀行の預金口座のカードに自動的に融資できる機能を追加できるようになっているカードが多いですから、他にも借り入れをしていると人に知られたくない場合などでも安心ですね。借り入れや返済にも同じATMを利用できることが多いですから、人目を気にする必要もありません。

 

銀行によっては、カードローンやフリーローンとしていくつか商品がある場合があります。カードローンによっては、このバックアップ機能がついていない場合もありますので、利用したいときには事前にスペックをきちんと調べておきましょう。

 

また、公共料金引き落としの銀行に指定すれば、借り入れ金利が下がるといったカードローンもあります。単純にお金を借りたいというときだけでなく、お得に利用できる方法がいろいろあるのも銀行のカードローンの特長ということができるでしょう。

銀行のカードローンの種類

銀行のカードローンには、大手銀行といわれるメガバンクのものだけでなく、地域に密着した地方銀行のものもあります。メガバンクは、全国どこからでも申し込みをすることができ、店舗に行く必要がないものも多くあります。自分の給与振込などで利用しているメインバンクでカードローンを作るのが、最も手っ取りばやいでしょう。

 

銀行によっては、給与振込をしている場合などにカードローンの金利が下がるようなシステムになっているところもあります。とはいっても、預金口座がなくてもカードローンの申し込みはできるようになっている銀行もたくさんあります。

 

地方銀行のカードローンは、地域に密着したサービスを目的としていることが多いため店舗の営業エリアに自宅がある、あるいは勤務先があるということが借り入れの条件になっていることが多いです。また、もちろん店舗まで行って申し込みをしなければならないカードローンもあります。

 

いずれのカードローンを選ぶのかは、普段の銀行の使い方からも考えて決めるようにしましょう。借り入れはともかく、返済は毎月一定の期間必ず行わなければならないものです。返済が自動引き落としであっても、入金しに行かなければならない、という場合もあるでしょう。金利の点を中心に借り入れ先を決めることが多いのですが、やはり使い勝手の部分もしっかり検討してから選ぶようにしましょう。利用できるATMの多さなども、使い勝手の条件の一つに上げられるでしょう。

 

参考サイト(キャッシング入門


【PR】 子供 アプリ子供